壁の穴の補修(京都市伏見区)

穴の開いた壁の補修

壁紙を貼り替え中に発見!

物をどかすと壁に穴があいている、

お客様も報告するのを忘れていたとの事でしたので

パテを乾かすのjに時間がかかるので大至急で処置いたしました。

修理の作業風景を詳しく御紹介

201301180000_1-300x0.jpg

①壁に穴発見!

201301180000_2-300x0.jpg

②四角に壁のボードをのこぎりできりとります。

201301180000_3-300x0.jpg

③周囲に下地を作ります

201301180000_4-300x0.jpg

④ボードがよかったのですがその場になかったので
厚みの同じ材料で壁を造ります

201301180000_5-300x0.jpg

⑤パテで綺麗に段差をなくします。

201301180000_6-300x0.jpg

⑥壁紙を貼り付け施工完了

基本的には壁材の厚みを合わせる事が重要です。

部分補修の方が壁紙の色が合わなかったりで目立ちます。

綺麗に仕上げるは壁の端から端まで貼りかえると目立ちません。