浴室床タイルの上にバスナフローレ施工(京都市)

浴室床のリフォーム

バスナフローレ(東リ)

浴室風呂場の床と壁を模様替させていただきました。壁は既存のタイルの上から水周り専用のダイノックシートを施工(ダイノックネオルシリーズ)白い石目で明るく雰囲気を一転。床は既存のタイルの目地をバスナパテで目地を埋めて均一に、その後バスナフローレを施工してコーキング。在来タイル風呂でもイメージを変える事が可能です。

バスナフローレは、これまでの浴室床材と一線を画したやわらかいクッション性を持つことで高い衝撃吸収性を発揮します。また断熱性があるため、冬場の床の冷たさにより発生するヒートショックも軽減します。

京都で浴室のリフォーム・ヒートショック対策おまかせください。